コストをかけずに輸入

化粧品

ニーズに合った依頼が可能

厳しい規制をクリアしなければ行えないのが、化粧品の輸入です。どんな化粧品であっても、輸入する際には薬事法の化粧品製造業許可あるいは化粧品製造販売業許可が必要不可欠。許可を取得するためには社内の整備が必要となり、多大なコストがかかってしまいます。そこで利用したいのが、化粧品輸入代行サービスです。サービスを利用すれば、海外からの化粧品輸入に関するトータルサポートを受けられます。化粧品輸入代行サービスでは、成分検査から海外仕入先への発注、通関、流通加工、配送納品までワンストップで相談できます。何ら知識がなくとも、全く自社内の整備をしていなくとも、安心して化粧品を輸入できます。また、必要な業務だけを依頼することもでき、コストを抑えることが可能です。例えば、通関や配送は自社で対応できる場合には、それ以外の部分のみを依頼できます。自社のニーズに合わせられるのは嬉しいポイントです。化粧品輸入代行サービスを選ぶ際には、少ロットに対応しているかを確認するといいでしょう。少ロットに対応できれば、細分化された顧客のニーズを満たせます。販売量は期待できずとも他では販売していない化粧品を取り扱うことは、必ず強みになるはずです。また、商標に関する法律やワシントン条約に精通しているかも確認したいポイント。化粧品輸入代行業者の中には、万全な法務体制を敷いている業者もいます。輸入後に販売できない事態に陥らないように、様々な面からしっかりと判断する業者を選ぶことが重要です。

Copyright© 2018 手続きも任せられる【 ノウハウが充実している化粧品輸入代行】 All Rights Reserved.