低コストで行う成分分析

婦人

日本での販売の可否を判断

分析センターで成分分析が必要となるのが、海外からの化粧品の輸入です。海外と日本とでは、規制成分が異なります。そのため、海外で販売されている化粧品の中には、日本で販売できないものも含まれています。しかし、自社で分析センターを設けるには、多額のコストが必要です。コストを最小限に抑えながら化粧品を輸入するために、化粧品輸入代行サービスを活用しましょう。化粧品輸入代行サービスでは、化粧品成分安全性試験に対応しています。日本国内での販売が可能であるかを詳細に把握でき、不安のない輸入に導いてくれます。また、事前に販売可否を調査してくれる上に、成分表の確認まで対応するのが化粧品輸入代行サービスの魅力です。さらに、嬉しいのが、流通加工や配送納品にも対応していること。そのまま輸入すると、化粧品には外国語のラベルが貼られています。それに対し、化粧品輸入代行サービスでは、日本語のラベル貼りに対応しています。業者によっては日本向け海外生産品として生産してもらうように、仕入先と交渉してくれます。しっかりと国内対応ができるのは魅力的です。あらゆるトータルサポートが提供される化粧品輸入代行サービスですが、全てのサポートを受ける必要はありません。通関や配送納品は自社で対応できる場合には、その部分はカットできます。自社の設備を活かしながら利用でき、コストを抑えられます。ニーズに則した対応をしてくれるため、まずは気軽に相談しましょう。

Copyright© 2018 手続きも任せられる【 ノウハウが充実している化粧品輸入代行】 All Rights Reserved.